通常、住宅ローンを借りる場合、ローンが実行されるのは物件が引き渡される時です。

物件引き渡し時、土地や建物に所有権という不動産登記をし、この物件を担保にローン

を銀行が貸してくれるということになります。

建売住宅など、完成をしている物件を購入する場合は、引き渡し時に代金を一括で支払

えばいいので問題はありませんが、注文住宅を建てる場合は、われわれ建築業者と建築

請負契約をする際に「請負契約金」、建築中に「中間金」、完成時に「残金支払い」、と数

回に分けて代金を支払うケースが多いのです。契約金や中間金を手元の預貯金等で賄える場合

はいいのですが、全て住宅ローンで借りられると思っていらっしゃる方も多いのも現状です。

自己資金0円という触れ込みで注文住宅は建てられないのはもはや皆様の知るところですね。

今後そんなチラシにはお気を付け下さい

さらに、注文住宅を土地から購入する場合は、三重県でもまた全国どこでも、土地代や諸費用など、

最初に土地の引渡しを受けて(代金の清算をする事)からでないと、注文住宅の工事はかかることす

らできません。それは、土地の売主と建築する工務店が一緒じゃないからです。要は勝手に人の土地

に家を建てる事が出来ないんです。

しかし、「そんなの当り前じゃん」と言われる方がどれだけ少ない事にビックリさせられるや結構少

ないんです。

注文住宅、特に土地から購入する場合、いろんな方がお家を建てられるお施主様と取引をするわけで、

建売住宅のように最後に一括というのは、三重県また全国的にも注文住宅の場合まず考えられなく、

お施主様が迷わないようにそのスケジュールを示していくのは工務店であるわれわれお役目と思って

います。

注文住宅を希望する方は施工会社に支払い時期や金額の目安を建物請負の部分だけでなく、土地から

購入の場合であれば早めにご相談、確認される方がいいと思います。

土地が決まったのだが建物の間取りをどのように検討したらいいか、その時点から考えてると各取引の

期日がドンドン迫り、ゆっくり打合せが出来ず後悔する家づくりに成りかねません。

そういう意味では、まずは土地と建物の予算配分や仕様面などバランスを考えた総額の資金計画シュミレー

ションとスケジュールの模擬体験などあくまで紙面上で行っておく事をお勧めします

われわれ工務店、三重の注文住宅のプロに是非聞いて頂ければと思います。