最近、四日市でも空き家のリフォームや売却の依頼が増えてきました。
巷でも全国的に私たちの業界では関心事の一つであります。四日市で工務店・宅建業を営む以上ご相談を受ける機会が少しづつ増えてきました。

しかし、そのご依頼をされるお客様がその昔、ご家族との暮らしの思い出がしっかり詰まった建物を、やれ税金の事や地域の安全の事や、本人たちの思いとは別のところで、放置されたお家を何か悪モノ扱いになっていないかと、ふと思う時があります。

 

今回は、弊社OB施主様からのご依頼で、空き家(不動産)の売買の依頼から、買主様の買付の条件で解体更地での引渡しが契約条件に盛りこまれ、現在は解体が進められています。

出来るなら、土地から新築住宅を建設するのが今のところ資金計画的に難しい世帯に、今風の内装外装に生まれ変われる大規模なリフォームを施し売却、もしくは買った所有者が自分の思うようなリフォームをするという事が望ましかった物件でした。

 

よく、お家の性能など新築住宅でもいろんな謳い文句を駆使してスクラップビルド、建替えを進める会社もありますが、木造住宅を手掛けてきた我々地元の工務店としては勿体ないなあと思う事もあります。

様々な事情で空き家の処分や活用を考える所有者様には、一つの選択肢ではなく幾つかの選択肢を提案できる建設と不動産の仕事に従事する会社に提案をして頂く事をお勧めします。


モノを大事にお家を大事に、思い出を大事にまた引き継いで欲しいものですね。