12月20日までの新築住宅ご成約のお客様に
GVAジーバ・制震システムを費用負担なしで取り付け

マインドハウスは、来年春と秋に迫った消費税アップに向けてお客様への応援キャンペーンを行います。
キャンペーン期間11月5日から12月20日までの新築住宅ご成約のお客様にGVAジーバ・制震システムを費用負担なしで取り付けます。

揺れを最大70%軽減する「GVAジーバ・制震システム」


制震システム・・・“揺れ”を吸収して抑える技術

建物を揺らすのは『地震エネルギー』。そのエネルギーが“ゼロ”になるまで、建物は止まりません。
そのエネルギーを吸収できるのが制震システムGVA[ジーバ]です。

制震システムGVA[ジーバ]ホームページ>>

制震システムGVA[ジーバ]とは、制震材を組み込んだダイヤモンド型の制震装置を建物に最適なバランスで設置するシステムのことです。 制震ダンパー、フレーム形状、設置バランスなどシステム全体で最適なエネルギー吸収効果を建物に付加します。

制震システムGVA[ジーバ]なら

  •  揺れを最大70%軽減します。
  •  巨大地震から効率よく建物を守ります。
  •  繰り返す余震から粘り強く建物を守ります。

“揺れ”を的確に抑える技術
消費すれば『エネルギー』は減ります。エネルギーが減ると、揺れは弱くなります。

 


制震とは、揺れに対してのブレーキ

制震装置の土台や梁との接合部分(=制震ダンパー部分)で、制震材が揺れを受けるしくみになっており、自動車や自転車のブレーキと同様に、 摩擦によってエネルギーを消費します。ただし、「ディスクとパッド」や「プレートとプレート」のような、目で見て直感できる摩擦現象ではありません。 制震材が利用する摩擦は、なんと自身を構成する分子間の摩擦なのです。 分子同士の摩擦によって、「揺らそうとするエネルギー」を消費して、揺れにブレーキをかけるのです。

この振動吸収技術は、約40年間高層ビル用制震ダンパーとして培われたものです。

12月20日までに新築住宅ご成約のお客様に「GVAジーバ・制震システム」を費用の負担なしで取付けいたします!

現在、他のメーカーの制震システムが世間を騒がせています。
しかし、それでも地震の多い国、日本では耐震レベルを上げる制震システムは来る大地震の備えには効果のあるシステムです。
揺れを最大70%軽減し、巨大地震から効率よく建物を守ります。
繰り返す余震から粘り強く建物を守ります。
当社の耐震レベルを構造面でさらに引き上げ、ソフト面では動的耐震診断でWの安心をお届けします。

完成後の不備の発覚に関しては保険で守られ、また施工前においての発覚に関してはメーカー変更をさせていただく場合があります。

お問い合わせは info@mindhouse.jp もしくは0120-77-35353まで

担当はお客様係:落合(おちあい)まで