政府、与党が5月に活性化策をまとめ、来年の通常国会で宅建業法改正案を提出する見込みになってきました。

欧米に比べ中古住宅の流通取引が活発でないところにメスが入ることになります。築20年ともなると建物部分の資産価値がほぼゼロになり、住宅総数の約1割が空き家となっています。

この建築業に真面目に取り組み建築工事を担ってきた我々にとって理解できない中古住宅の価格査定を物件ごとに適正な価値を評価する狙いらしい。この事によって政府・与党は買い手がつかず売れ残る中古住宅の市場活性化に乗り出したい構えだ。


活性化策はこういうものです。

専門家が劣化状況を調べる住宅診断を徹底し、仲介業者に販売時の住宅診断の説明を義務付ける。購入後に欠陥が判明するケースを防ぐ。一方で販売情報も適切に開示し、安心して売り買いできる環境を整える。少子高齢化で空き家が増えており、資産価値の高い中古住宅の流通を促そうとする動きです。


今日でも建築士事務所などが国土交通省の指針に基づき住宅診断を手掛けるインスペクションというものが数年前からあります。ただし、この三重県でもこの制度と運用が既知として拡大すら進んでもいません。


私が思うその原因は、まだまだ八方美人な制度と言うこと、また中古住宅の流通を担う宅建業者、住宅診断を担う建築設計事務所、中古住宅の売主と買主、修繕や価値向上工事を担う建築専門業者や建築会社の利害が必ずしも一致していないこと、 そしてその一連の経済活動においてリーダーとなり責任をも担うものがいないこと、チームワークもないということが進まない理由だと思います。


しかしこの売主買主以外の3者でグループを形成し三重県にもビジネスモデルを確立しつつある動きもあります。この様なグループがお客様(ここでは中古住宅の売主買主)の満足を第一に考え動けば一番の安心安全な取引が出来ることでしょう。またそう期待したい。

皆がWIN-WINの関係を築ける制度になることを期待したいですね。

弊社も、建築会社、三重県地元の工務店として新築そしてリフォームの建物性能向上ノウハウと、宅建業としての取引ノウハウを活かしたワンストップのお客様に喜ばれるサービスを蓄積しておこうと思う次第です。


追記
さて、後日私は建築業者ではありますが宅建業もしておりその集まりに参加した際、その話題もところどころ耳に聞こえてきました。その会合のトップとその話題で話をしたところ、「悪くない制度だ。今年度からは宅地建物取引主任者も宅地建物取引士となる。業界がこれまで以上に信頼を得るに良い制度だ。だがその評価された中古住宅に金融機関が住宅ローンを評価に応じ、自行の内規だけで判断せず貸し付ける。国がそこまで覚悟も決め空き家対策にこだわる。ここが肝心だ。」と言われていました。