住宅建築の相談の中で、必ず出てくる話「変動金利」「固定金利」。固定金利の場合は「全期間固定」「固定期間特約付」の2パターンでの話になります。

みなさん損得で考えがちですが、個々の家計によって違ってきますし、将来、ご家族がどういうライフスタイルになるのかでも違ってきます。

確かに全期間固定金利は最後まで支払額や支払金利がわかるので安心はあります。半面、同じ時期の変動金利や、期間固定特約はずっと低い金利です。でもある一定の将来の支払額は未知数です。選んだ銀行によっても金利は違います。

固定金利か変動金利かを決めるのではなく、ライフプラン、資金計画をしっかり立てた上で決断をしましょう。