家を建てるには、資金が必要です。

その場合、自分自身で用意できるお金を自己資金、銀行や金融機関で借りる場合は住宅ローン(リフォームローン)になります。

では、土地の購入や家を手に入れるためには、その対価以外にもたくさんの費用が必要になります。

ローンを組む場合は銀行に手数料や保証料が必要ですし、自分の所有物と証明するために法務局へ登記する費用(登録免許税)などなど。

意外とカタチにならないものに費用が必要なのです。(紙に印刷された計算書や領収書にはなります)

新築工事の場合、付帯工事も必要です。ここには地盤改良工事やエクステリア工事、照明やカーテンも必要です。

家を建てると考え始めたなら、最初に大枠の資金計画を考えないとつまらない家づくりになってしまいます。