三重県四日市市の注文住宅

こだわり

  • HOME »
  • こだわり

マインドハウスのお家づくり

長く住まうお施主様の為にマインドハウスがこだわってきたことがあります。

  1. 在来木造の注文住宅で建てる事
  2. ヒノキにこだわって耐久性・耐震性・エコへの貢献
  3. 健康面にこだわって通気断熱WB工法の採用
  4. 耐震性にこだわってパワーガード(制震金物)を採用し、起振器診断を全棟実施しお引き渡し

在来木造の注文住宅

在来軸組の木造

メリット

日本の気候に合った工法です。鉄筋コンクリート造・鉄骨造と比較して居住空間の心地良さを感じられ、メンテナンス、後のリフォームが容易なので維持・管理コストにも優れています。

デメリット

耐震性における硬さは鉄筋コンクリート造に少し劣ります。

注文住宅

メリット

お施主様一人一人に合わせたオーダーメイドの家づくりが可能です。お客様個々と企画段階からご一緒なので、建売や企画住宅のような建物での妥協はありません。

デメリット

建売や中古住宅のように商品の現物確認がないので、所有する実感が出にくい場合があります。

ヒノキへのこだわり

hinoki

四季の天候がはっきりした日本で、信頼され使われ続けてきた建築木材これがヒノキです。寺社仏閣も適材適所でヒノキが使われています。日本最古の木造建築物、法隆寺もヒノキつくりです。

ヒノキの芯持ち材を柱や土台に使用。他適材適所にも使用しています。全棟標準仕様です。ヒノキの持つ特性は耐腐朽性があり湿気に強く、シロアリなど害虫の忌避作用もあり、総合的に耐久性が高いことです。また製材として伐採されてから200年かけて強度を増すとも言われています。これが寺社仏閣に使われる所以です。しかし、その特性はコストダウンや工期短縮の名の下に乾燥過程における急激な高温乾燥方法によって損なわれています。

弊社は、ここには効率性を求めず特性を維持できる国産の自然乾燥又は低温乾燥のヒノキを使います。その分扱いには手間と経験が必要ですが、建物の耐久性維持の為に創業以来こだわり続けています。日本の林業の発展と山林が活性化する一助になればとの思いもあります。

通気断熱WB工法の考え方

日本の住宅づくりは、高度成長とともに徐々に工業製品化されてきました。工期短縮、コスト低減などのメリットがあった反面、住宅の低寿命化や、シックハウス症候群などの弊害も生まれました。そのような家づくりの改善は、「省エネ」というお題目の前に既知として進まず、家づくりに高気密高断熱という考え方が覆いかぶさるように現れました。

この高気密高断熱住宅は、1年を通して外気温の影響を受けにくいというメリットがある反面、施工法の難しさや施工能力のない会社によって、湿気対策の不備による、壁内部結露による構造や断熱材の劣化、壁内室内でのダニや、カビの大量発生が起こりました。また仕様建材の化学物質(主にホルムアルデヒド)対策もなおざりで、機械換気に助けられなければ、健康的な生活できない住宅が多くつくられた事も周知の事です。

通気断熱WB工法は、それら中途半端な高気密高断熱工法の疑問に対して一つの答えを持った工法です。日本古来の土壁の家づくりと、高気密高断熱の良い部分を取り入れた家づくりの方法です。四季を持つ日本の家づくりである、土壁づくりから学んだ呼吸する壁、日本特有の蒸し暑い夏を快適に過ごすための工夫。夏だけでなく、家自体が衣替えすることにより、冬もまた快適に過ごせる特別な仕組みがあります。家づくりの際には自信をもってお勧めできる工法です。

耐震性へのこだわり

耐震性能は間取りの影響をうけます。

耐震性を上げることだけを考えるのであれば、耐震性だけを重視した企画住宅で充分です。しかし弊社では、注文住宅として空間の自由度や、素材選定の自由度も損なうことなくお施主様の満足度向上に努めます。だからこそ、耐震のための様々な取り組みには力を入れています。

  • 必要壁量に対する存在壁量の確保による安全率へのこだわり
  • 偏芯率の改善へのこだわり
  • 制震金物パワーガードの標準採用
  • 壁内環境には重要な透湿性能に優れ、火や害虫忌避性にも強いダイダイト耐力面材を採用
  • 起震器診断による各邸毎の耐震性能の確認作業。データ取得によるノウハウの蓄積
  • お客様の要望に応じての耐震等級確保の提案や各種特殊金物への対応
power-guard
daiken
taishin-shindan

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-77-3535 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水除く ]

PAGETOP
© 2015 株式会社マインドハウス. 三重県四日市市の注文住宅