三重県四日市市の注文住宅

耐震住宅の家

耐震住宅・耐震補強。マインドハウスは設計図書の構造計算、耐震基準の数値だけに止まりません。

阪神大震災や新潟県中越沖地震以降、これからの東海大地震や東南海地震など、いつ起こるかわからない大地震に備えようと、住宅の耐震性能向上に関心を持つ人が増えています。 既存建物の耐震性能に不安がある時、耐震補強するのが一般的ですが、施工や費用に不安を感じている人も多いのではないかと思います。

taishin-01

特に耐震リフォームを謳い、意味のない施工をして高額な費用を請求したり、施工後のアフターも不完全なまま、押し売りのように次々とリフォームの提案を投げかける悪質な業者が存在するのも事実です。やはり、このような工事や技術を必要とするリフォームは信頼できる地元の工務店に相談するのが安心できるのではないでしょうか。

マインドハウスでは現在お住まいの既存住宅への耐震リフォームには、起震機診断(※動的耐震診断)を行い的確にダイライトやパワーガードを取り付け、安心していただくことをお勧めしています。※動的耐震診断とは起震機と言う建物を揺らす装置を使い、実際に建物を揺らして建物の強度を計測する診断法です。

taishin-02

マインドハウスの注文住宅は耐震:制震システム、パワーガードと耐力面材ダイライトが標準施工されています。

マインドハウスの自由設計注文住宅は在来工法が持つ設計、デザインに自由度がある良さを生かしながら標準仕様で耐力面材ダイライトパネルと耐震金物のパワーガードが施工され、起震機診断を行い性能を確認し、バランスの取れた耐震住宅として強固に建物をそして大切な家族を守って行きます。

taishin-03

パワーガードは地震の揺れを大幅に吸収してくれる、建物構造にもやさしい、特許を得た耐震&制震金物です。

マインドハウスは、三重県に於けるパワーガードの販売施工代理店です。

パワーガードは、地震や台風が起こす振動エネルギーを吸収・分散させる画期的な耐震・制震システムです。建物が倒壊しないだけではなく、振動を抑えることが大切であるという点を重視し、耐震住宅の要になる金物として製品開発されています。

従来、地震に対しての工法は、水平方向にかかる力に抵抗し、変形しない頑丈で強固な建物をいかに造るかと言うところに注目されていました。しかし、建物の破壊や倒壊を防げたとしても建物が揺れることは変わらず、中の人が転倒したり、家具が倒れることにより、非常に危険な状態は避けられませんでした。

パワーガードは水平方向の力を吸収し、振動エネルギーを特殊な金物により減衰。建物内部の振動体感レベルを2/3から1/2にまで減少させ、安全性を図ります。パワーガードは国立豊田工業高等専門学校建築学科の今岡教授が研究を行っており、机上の計算やカンにたよった製品開発ではなく、原寸大の住宅模型に取付け、実際に振動させた時のデータを分析し、科学的に耐震、制震性能を検証し開発されています。

taishin-04

DAIKEN・ダイライト エンジニアリングパネル 耐震住宅として在来工法の必須部材

進化した在来工法は柱と筋交いに強い『壁』を組み合せて家全体を強固に支えます。

DAIKEN・ダイライトは世界特許を持つ軽量無機質のエンジニアリングパネルで強固な耐力面材、外壁下地材として耐震住宅の必須部材として知られています。外壁下地として耐力面材を施工された『壁』は地震からの強い力を”面”で分散させてしまうので、”点”で受け止める柱、筋かいだけよりはるかに強固になります。

また、地球環境の保全を考えて開発されたダイライトは、鉱物繊維と火山性ガラス質素材を原材料として開発された複層板で、無機質エンジニアリングパネルならではの防蟻性能を持ち、シロアリからの被害をくい止めます。防火材料の認定を受けているダイライト製品はすべて、不燃認定・準不燃認定を取得しています。

マインドハウスの注文住宅では標準で外壁下地にダイライトパネルを施工し、外壁サイディング(準不燃)との二重の防火材料で外周を覆い、家全体を耐震性とともに防火性を一段とアップさせています。

taishin-05

マインドハウスは起振機診断(動的耐震診断)を実施しています。

構造計算や耐震基準値と言った机上の計算だけではなく、性能確認をしてお引渡しします。

起振機診断は耐震住宅の新築工事や耐震補強工事に起振機によって建物を揺らしその補強の効果を、建物各所に取り付けたピックアップセンサーが感知した建物の揺れの数値をコンピューターによって解析、確認するのが大きな特徴です。

この作業は微妙なものだけに神経を使いますが、実際の揺れ具合を現場で体験できるのですから安心につながります。特に既存建物の場合、設計図書上の構造計算は、あくまで数値上の結果でしかなく、また既設との取り合いや強度などは数値には表れにくく、今のところ、実際に建物を揺らして診断するこの方法がも最も優れていると思われます。

マインドハウスでは自社が保有する起振機で住宅の揺れを検査、診断して的確な位置にパワーガードの取り付け施工をいたしております。 将来の地震に対して不安をお持ちのお客様には既存住宅の耐震診断を行い、ダイライトやパワーガードを用いて耐震補強リフォームをお勧めします。

taishin-06

マインドハウスの耐震住宅に偽りはありません。

設計図書上で満たされた、構造計算の数値に留まらず、実際に建物を揺らして診断します。

基礎はべた基礎を採用、床は剛床仕様として建物の足腰となる部分にも抜かりありません。一級建築士による構造計算に基づいて指示された的確な位置に耐震部材を施工して行きます。使用する耐震部材も耐震性能が高く、全国的にも施工実績が豊富なものを選定しています。

マインドハウスが行う、繊細で丁寧な施工技術が個々の部材が持つ性能を100%発揮させます。実際に建物を揺らす起振機診断を行い、耐震住宅としての性能確認をしてお引渡しします。建物完成お引渡し時には起振機診断の診断結果報告書をお渡ししています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-77-3535 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水除く ]

PAGETOP
© 2015 株式会社マインドハウス. 三重県四日市市の注文住宅