三重県四日市市の注文住宅

通気断熱WB工法の家

通気断熱WB工法の家について

WB工法の夏

なんで暑くない?

通気口から入った空気が夏場床下の少し冷やされた空気とまざって、かべの中を空気が上昇し流れていくから熱気も無駄な湿気も家にこもりません。だから体感温度は継続したエアコン運転の力を借りずに快適さを得られます。湿気もこもらないから除湿運転の光熱費も節約できます。

湿気やにおいが通り抜ける?

土かべと同じ仕組みで湿気を吸収したり放出したりすることは、湿気に溶けやすい匂いや化学物質もいっしょにかべの裏側にとおり抜けます。だから、ペットや食事の匂い、シックハウス症候群などに悩まなくてすみます。

暑くなると開く通気口って?

床下・壁・屋根裏に設けられた通気口には気温の変化で伸縮する形状記憶合金を使っているので、電気を使わなくても気温にあわせて自動的に通気口を開閉して壁の内側の通気層の空気の流れを調節してくれます。

wb-01

WB工法の冬

なんで寒くない?

寒くなるとすべての通気口が閉まって冷たい空気を遮断するから廊下などの冷え込みも緩和されます。壁の中の通気層の空気の流れがとまって逃げた熱もここでストップ。うごかない空気の層はダウンジャケットの様な快適な断熱効果をもたらします。だから暖房費は節約されます。

湿気やニオイや化学物質はどこにいくか?

壁をとおりぬけた匂いや化学物質をとり込んだ湿気は柱などの木材が吸い込んで調湿してくれます。だからほとんど結露がつかず、においも残りません。

24時間換気って義務じゃない?

1年中部屋のホルムアルデヒドが基準値を下回る工法として、国土交通大臣の認定をうけてるから、換気システムは設置しなくてもよいと認められたほどです。自然界のしくみをうまく活かして快適に暮らせる住まいになります。

wb-02

シックハウス症候群

家族が健康で暮らせること

たったそれだけの願いが今や危険に晒されています。家の高気密化が原因となって微量に発散されている化学物質が室内に溜まり、体調を崩してしまうというものです。

シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群というものが問題になって30年経ちます。快適さを求めすぎて生まれた「高気密の家」は、隙間のないまるでサランラップ状態・・・家が新鮮な空気を吸うことができなくなりました。

その結果、家の中で発生した化学物質は、部屋の中に充満してしまいます。人がそれらを吸引しつづけると・・・

  • アレルギーの子どもが増える
  • アトピー・頭痛・喘息の悪化

などなど症状は様々です。昨今では病院でも原因がわからず、家で症状を悪化させる方もいました。これらが、「シックハウス症候群」と、呼ばれるものです。

wb-03

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0120-77-3535 受付時間 9:00 - 18:00 [ 水除く ]

PAGETOP
© 2015 株式会社マインドハウス. 三重県四日市市の注文住宅