屋上庭園住宅 四日市市 K様邸

住まいづくりの計画は私の場合、FPの資格も取っていたこともあり住宅ローンはフラット35を考えていました。もちろん家にも、こだわりをもっていました。

実は、本命の建築会社は別にあったのですが、建築予定の土地が小さいこともあり、屋上が利用できる、また、そのすごし方にも興味があり、屋上利用の建築をする会社をネットで検索したことがマインドハウスとの出会いでした。マインドハウスの事は、サッカーの社会人チーム「マインドハウス四日市」をサポートしている事で知っていました。

実は、私のネットでの資料請求をしたのですが資料が届かなかったので、お盆に催促の電話をしたことがスタートでした。私が利用を考えていた、フラット35が10月末で制度変更がわかっていたこともあり、私自身、家を建てるタイミングはこのチャンスを逃したくないとの思いが強くありました。

たった2ヶ月半でできるのか不安もありましたが設計士、FP資格をもった担当のスピード感ある対応で、建築計画も資金計画も計画通りに間に合わすことができました。(私の職場が近かったこともありますが。)

LDKの家事動線なんかは、見せたくない所を隠せる工夫がなされていて大変お気に入りです。また、四日市に住まう証として作った万古焼の洗面ボールはお気に入りです。そして屋上では、かれこれ何回もバーベキューをしています。とても気持ち良くプライバシーも確保されています。また子どもたちにとっては安心・安全なな庭にもなっています。

建設当時は、少々イメージ通りではなかったところもすぐに対応してもらい、途中の細かい変更にも応じてもらえて満足です。一生に一度の衝動買いでしたが、私の価値観の基準とマインドハウスがぴったり合ったおかげです。

voice2-01
voice2-02

担当者コメント

最初の出会いが半分苦情からのスタートでした。フラット35Sの優遇制度の変更まで時間もなく、なんとも慌しかったです。

お施主様の勤務先がマインドハウスから近かったことが幸いで、当時はかなりりご無理を言って来店していただき、打合せを進めました。正直、お施主様の協力なくしてこの短期間でよくできたと思います。

完成後に四日市の花火を屋上から見せていただいたときには感動ものでした。屋上庭園住宅の醍醐味が実感できる家になったと思います。

relation02