通気断熱WB工法の家 四日市市 T様邸

私たち夫婦は、ありがちな高気密一点張りの家や集成材の耐久性などに、疑問を持っていたので、そんな事を解決してくれそうな地元の工務店を探していました。そんなキーワードで検索した結果、通気断熱WB工法を手掛けている、マインドハウスさんを知る事になりました。賃貸の家賃、年齢、実家の隣に土地が空いている、などなどを考え今が建てる時期と考え決心をしました。

マインドハウスの第一印象は「担当者さんよくしゃべるなあ。」です。女性設計士さんのヒアリングを受け、家事動線や収納を沢山取りたいとことを実現してもらうべく納戸も図面の変更をしてもらいました。

当然、気に入っている点は、収納が沢山取れてキッチンを中心に家事動線をまとめ、趣味や子育てがキッチン廻りで出来るようにしてもらったことです。こういった点で注文住宅でよかったと思いました。

もう少し考えればと思ったことは、子どもが小さいと1階の居室でしばらくの期間寝ることがあるということ。リビング横に配した和室で寝ることが多くなるわけなんですが、リビングとの仕切りを障子にしたので、リビングの明かりで子どもが寝付けないという事がありました。デザイン的にはいいのですが要注意ですね。

あと注文住宅ならではと思いますが、コーディネートで決める事の種類の多さ、これにはまいりました。大変な部分もある注文住宅の打合せも、建物が完成し生活を始めると、これほどまでに便利な間取りになってると言う事が実感する事ができ、苦労した甲斐があったなあと思える嬉しさです。

voice3-01
voice3-02

担当者コメント

打合せ当時は共働き、名古屋市在住ということもあってメールでのやり取りが主でした。当方の考えが伝わったのか、また、お客様の考えどおりに進んでいるのか、少々不安な気持ちで進みましたが、寒い冬場に通気断熱WB工法をOB様宅などで体感していただき、納得していただいたと思います。

relation02